長いこと更新もせず、

気づいたら年末年始を乗りこえ

立春も過ぎ…。

だいぶブログともご無沙汰しておりました。

 

なぜかというと(言い訳ですが…)、

現在自費出版だけでも3本が

同時進行となっておりまして。

 

ありがたく、うれしい悲鳴です。

 

そんな中、書店に行った折に

ここ数年、パラパラ漫画が人気を呼んでいる

鉄拳さんのイラストが目に入りました。

 

少し前にテレビに鉄拳さんが出ており

映画「ベイマックス」のパラパラ動画?が印象的でしたので

早速その本を手に取ってみました。

 

文章は「夢をかなえるゾウ」のシリーズで有名な水野敬也さん。

立ち読みでも読めてしまうくらいの

ほぼ絵本のようなその本の中に

 

「何かを残したい
たった、一人でもいい。
誰かの心の中に、
何かを残したい。」

『それでも僕は夢を見る』
水野敬也×鉄拳 文響社より引用

というのがありました。

 

自費出版のお客様の中にも

同じことを仰る方が

過去にたくさんいらっしゃいました。

 

残すものが何であれ

ひとそれぞれなのですが

文章にして残す、というのは

やはりいいものだなあと

個人的には思います。

 

花火のように一瞬で散る美しさもある、

それはそれで記憶にやきつく思い出になります。

本は活字にすることで

その人本人だけでなく

縁のある方々にも一般にも

広く長く読み継がれます。

 

思い出の残し方は人それぞれ。

でも

本に残したい、と仰る方は

ぜひ一度お問合せくださいね。

 

というわけで

タイトルの「何で自費出版するのか?」の問いに

答えるとしたら

「残したい思いがあるから」

ということになるのでしょうか。

 

売るための自費出版でもよし

残すだけのための自費出版でもよし。

 

お客様のご要望に丁寧にお応えします。

 

********************************** ******
お問い合わせは (株)農文協プロダクション
〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-17 ラグジュアリーヒルズ7517
TEL:03-3584-0416  FAX:03-3584-0485
E-mail:jihi@sinseisaku.co.jp
URL:http://www.nbkpro.jp/
担当:高野・池上
********************************** ******

 

日が短くなりましたね。
朝晩の涼しさは
やっぱり少しずつ秋が深まっているのを
感じさせてくれます。

今年の自然災害は
尋常ではなく、
豪雨やら土砂崩れやら、火山の噴火…
被害に遭われた皆様には
心からお見舞い申し上げます。

また、だいぶ国内の火山が
活発化してきたようですので
今後もさらに防災対策に励みたいものですよね。

さて、
来週は
自費出版ご希望のお客様がおみえになります。

このお客様
1年弱前においでになってお話をして
その他にもいろいろ出版社などあたってみるからということで
一旦お話は止まったままだったのですが

この度御連絡いただきまして
新たに書き直した原稿をお送りくださり
またいろいろ考えたいとのことで
おいでいただくことになりました。

こちらとしては、お客様とは「ご縁」だと思っていて
「もっと安いところでいい」
「やっぱり地元で…」
などとおっしゃる方をお引き留めするようなことは
ありませんし、
うちよりももっとご希望に適したところがあれば
そちらをご紹介したりもしちゃうのです。

だって
お客様がお支払いになるお金は
その方が汗水たらして
人生の時間をたくさん費やして
手に入れたもの。

私どもは
「モノをつくる」ということのほかに
「人のつながりをつくる」ということも
目標にしているのですね。

人生最後の最後まで
「ああ、あそこで本つくってよかったな」
「本つくるときの過程っておもしろかったな」

それから
「あの人たちと知り合えてよかったな」
って

そう思っていただける関係を作りたい。

どこぞの牛丼屋さんのように
「早い・安い…」も、それを必要とする方には良いものですが
妥当なお金で、本づくりだけでなくて、
作る過程と出来上がった本を通して
お客様の人生に
なにか一つプラスアルファを残せるような何かを…

僭越ながら
そんなことも思っています。

安いには安いなりの理由があり
高いには高いなりの理由があります
(中にはぼったくりってのもありますけどね(笑))

その理由ひとつひとつを御理解いただくことから
少しずつ完成に向けて
「本作りプロジェクト」を熟成させていく…
それが私どものやりがいです。

いつおいでいただいても
気持ちよくお迎えできるように
担当者の立場として
制作力も人間力にも磨きをかけて
皆様のおいでをお待ちしております。

********************************** ******
お問い合わせは…(株)農文協プロダクション

〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-17 ラグジュアリーヒルズ7517
TEL:03-3584-0416  FAX:03-3584-0485
E-mail:jihi@sinseisaku.co.jp
URL:http://www.nbkpro.jp/
担当:高野・池上
********************************** ******

本日も雨…時にどしゃぶり。

お天気は今ひとつですが
私どもには嬉しいお知らせが…。

以前から記事に載せている
「花とミツバチの物語」の著者の
岩村様から1通のメールが来ました。

「花とミツバチの物語」は
自費ではありますが、東京神田の
農業書センターや
農文協の「田舎の本屋さん」で
お買い求めいただけます。

農業書センターと
自費のお客様と直接契約して
契約分だけの在庫を置くことになっているのですが

なんと!!
この「花とミツバチの物語」、
早くも在庫を売り切った、ということで。

岩村様からのメールは
そのご報告でした。

農業書センターからは
追加発注が来たということで
岩村様もとても喜んでおられました。

養蜂に関わる方々だけでなく
一般の方々にも
読みやすくわかりやすい内容です。
やっぱり売れるよね…とは
制作者Pのひとり言として(笑)。

こうして自費出版が
一般的に売れるというのは
本当にうれしいことです。

こういった作品が一つでも多く
世の中に出て行けるよう

そしてすでに世に出た作品が
少しでも多くの方に読んでいただけるように
がんばらねばと思っております。

自費出版をお考えの皆様
ぜひ御一緒いたしましょう!!

 
*田舎の本屋さん

*農業書センター

お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日(10:00〜19:00)&土曜(11:00〜17:00):

03-6261-4760

********************************** ******
お問い合わせは…株)農文協プロダクション

〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-17 ラグジュアリーヒルズ7517
TEL:03-3584-0416  FAX:03-3584-0485
E-mail:jihi@sinseisaku.co.jp
URL:http://www.nbkpro.jp/
担当:高野・池上
********************************** ******

残暑もまだまだ

だけどいきなり気温が下がったり

デング熱が急速流行したり

なかなか世の中、住みにくくなっていますね。

 

早く落ち着いて

秋をゆっくり楽しめるような毎日に

なりたいものだと思います。

 

冷夏ではとは言われたものの

予報ほどのものはなく

西日本では酷暑もなかった(少なかった?)ようですが

東日本は酷暑もぼちぼちありまして

決して身体に良い状態ではなかったですよね。

そんなときにぴったりの

自費出版が完成いたしました。

 

松橋明著

「ヨガによる腰痛・肩こり解消法」

 

これはりんご農家の松橋さんが

長いこと身体の不調に悩まされつつも

ヨガに出会い

実践し

効果を出し

ヨガ教室を開くまでになられたのですが

そこまでの研究と

実践方法を

わかりやすくまとめた1冊となりました。

 

肩こり腰痛を治したい方には

普通のマニュアル本としてお使いいただけるし

少し根本的な理論を知りたいという方には

満足いただける論文も取り入れてあります。

 

農業書センターで絶賛発売中。

お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日(10:00〜19:00)&土曜(11:00〜17:00):

03-6261-4760

 

また、ネット販売としては農文協の

田舎の本屋さん

でもお取り扱いしております。

興味をお持ちの方はぜひ

お手にとって

夏の疲れをいやしてくださいね。

 

********************************** ******
お問い合わせは…(株)農文協プロダクション
〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-17 ラグジュアリーヒルズ7517
TEL:03-3584-0416  FAX:03-3584-0485
E-mail:jihi@sinseisaku.co.jp
URL:http://www.nbkpro.jp/
担当:高野・池上
********************************** ******

 

暑い日が続きますね。

世間では学生さんが夏休みのせいか、

通勤電車の車内も心なしか空いているような…

 

まあ、通勤より少し遅めの時間だと、

それなりに行楽に向かうお子さん達が

いっぱい乗っていますけどね。

 

 

さて、お盆休みも終わりましたね。

夏休みもラストスパートです。

夏休みの宿題といえば、自分が子供の頃は

8月25日ころから焦り始め

31日には泣きそうになりながらこなした、

という記憶がありますが

最近のお子様達はとてもよく躾けられているのか

7月中に終わってしまうケースが多いのだとか。

 

恐るべし子ども達(笑)!

 

とはいえ、夏休みの宿題で一番困るのは

なんと自由研究だそう。

進学塾やらでは実験教室が大人気で

それを宿題に流用してしまおうと思う人も多いとか聞きますが

生き物の世話をして観察するとか

自宅ではなかなか難しいのでしょうね。

 

そこで、ここです!!

前回の記事でも見ていただいているのですが、

ここ農業書センターでは、自由研究のネタになりそうな

書籍もいっぱい。

なにせ「みつばち・養蜂」だけで

コーナーができてしまうほどですから。

 

ここに来れば

なにか自由研究のヒントもあるかもしれません。

 

宿題追い込みのこの時期、ぜひ一度おいでくださいね。

 

都営地下鉄(三田線・新宿線)&東京メトロ(半蔵門線)の

神保町駅A6出口より徒歩30秒!

岩波ホールのお隣の「サンドラッグ」の

店内に入って3階を目指してください

(ドラッグストアの中から階段を上がるというのが

おもしろいでしょ?)。

 

営業は
平日 10:00~19:00
土曜 11:00~17:00
日・祝はお休みです。

 

神保町はカレーのお店がたくさんあったり

全国でも有名な古書の街だったりします。

ちょっと足を伸ばせば

後楽園。

スパ・ラクーアもありますね。

 

夏休みにはもってこいです。

 

ご来店お待ちしております。

 

********************************** ******
お問い合わせは…(株)農文協プロダクション
〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-17 ラグジュアリーヒルズ7517
TEL:03-3584-0416  FAX:03-3584-0485
E-mail:jihi@sinseisaku.co.jp
URL:http://www.nbkpro.jp/
担当:高野・池上
********************************** ******

 

 

 

お暑うございます。

7月も明日で終わりですね。

暑中お見舞い申し上げます。

 

冷夏になるという当初の長期予想とはうらはらに

なぜか猛暑日連発な今日この頃。

昨日の土用はウナギは召し上がりましたか?

夏バテ防止は体力第一ですよね。

 

異常気象の被害もあちこちで憂慮されております。

皆様方のお住まいの地域はいかがでしょうか?

被災地のみなさまには

心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、どーんと出てきたこの写真。

 

 

以前からこのブログのネタとしても登場していただいた

蘭丸さんの「花とミツバチの物語」

無事完成いたしました。

 

ミツバチといえば、最近かなり減少していて

その原因も農薬だの環境汚染だの異状気象だのと

あれこれ言われていますよね。

 

この本は著者の蘭丸さんが自らの足で

農家や養蜂家の方々から取材。

聞いたお話をとてもわかりやすい文章で書いておられます。

ミツバチが気持ちよく生きられる環境は

結果として

人間が気持ちよく生きられる環境なのだと

思い切り納得できる内容です。

 

蘭丸さんは以前

「ミツバチの写真を撮ろうとすると、ミツバチも

カメラを意識してくれる」と

語ってくださいました。

 

本書はオールカラーですので、

そのあたりも楽しんでいただけるかと思います。

20、27、31、54、58、76、85ページあたりの

ミツバチ、とてもかわいいです。

 

74ページのヒマワリとミツバチの2ショットは

担当Pの大のお気に入り。

どんな写真かというと…それは見てのお楽しみ。

ネタバレになっちゃいますものね。

 

興味のある方は、ぜひお手にとってご覧ください。

一般書店では入手できませんが、

農文協の農業書専門書店である

農業書センターでお取り扱いしております。

 

農業書センター

お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日(10:00〜19:00)&土曜(11:00〜17:00):

03-6261-4760

(上記の写真は

農業書センターの書架に陳列されたところです)

 

また、ネット販売としては農文協の

田舎の本屋さん

でもお取り扱いしております。

 

最近はハチミツや養蜂といったものが見直されていて

あちこちでハチミツ専門店も数多く出店されているとのこと。

ぜひこの本を読んでいただいて、

ハチミツ選びも楽しんでいただければと思います。

 

********************************** ******
お問い合わせは…(株)農文協プロダクション
〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-17 ラグジュアリーヒルズ7517
TEL:03-3584-0416  FAX:03-3584-0485
E-mail:jihi@sinseisaku.co.jp
URL:http://www.nbkpro.jp/
担当:高野・池上
********************************** ******

 

 

 

昨日、新人社会人の方とお話をする時間があり

なんとはなしにお仕事の話などを

聞いておりました。

 

皆、口を揃えて

「なんか休んでていいんだか心配」

と。

 

せっかくの連休、待ちに待ったお休みのはずなのに?

と言うと

「そうなんですけど…なんだか落ち着かなくて」

だそうです。

 

すっかり社会人としての自覚が出てきているのでしょうね。

皆さん、今日はすっきりといつも通りに出社していることと思います。

 

昨日お話した方々は、5月病などという言葉は

どこへやら、なのかもしれません。

頼もしいですね。

 

さて、出社してメールを開けたら

以前、自費出版にお問合せをいただいた方からご連絡がありました。

 

身辺に忙しいことが相次ぎ、

自費出版どころではなくなっていたけれど

なんとしてでも出したいので

時間がかかっても待ってくれるかという

お問合せでした。

 

はい、それはもう、もちろん。

 

もともと自費出版なんて

思いの丈を込めて

丁寧に一生懸命作ろうとしたら

時間がかかるものなんです。

 

私が担当でいる限り、

もしも担当をはずれるとしても

後任にはしっかり引き継ぎますので

弊社の自費出版部門が存続する限り

お待ちしようと思っています。

 

とりあえずは

思いつくことがあったり

聞いてみたいことがあったり

そういうときに

お気軽にメールをいただければ。

 

そんなこんなでゆっくりゆったり

時間をかけた作品づくりもいいですね。

 

データや資料を渡したら

製本されて手元に届く

そういうのも便利でいいのですが、

やはり

ご自身で作り上げていく楽しみも

感じていただけるといいなあと

思ったりします。

 

お急ぎの方はお急ぎのように

ゆっくりじっくり関わってお作りになりたい方は

納得いくまでじっくりと

どちらでもお作りいただけるのが

弊社の自費出版。

 

こういう本がつくってみたいな

なんて思うことがあったら

ぜひご一報くださいね。

 

********************************** ******
お問い合わせは…(株)農文協プロダクション
〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-17 ラグジュアリーヒルズ7517
TEL:03-3584-0416  FAX:03-3584-0485
E-mail:jihi@sinseisaku.co.jp
URL:http://www.nbkpro.jp/
担当:高野・池上
********************************** ******

 

新入生の皆様

新入社員の皆様

それから

年度はじめに

新しいことに挑戦をはじめた皆様

 

いかがお過ごしですか?

 

お花見のピークは東北に。

ここ赤坂周辺は

すっかり初夏の緑、というかんじです。

まだまだ朝晩冷え込んだり

急に寒い日があったりしますが。

 

数日前、新卒新入社員の女性が

初めてのお給料を貰った話をしていました。

そして

「毎日があっという間。

あれもこれもやらなくちゃいけなくて

できないことばかりで

凹むんだよね。

でも、こうやって

1日1日を積み重ねていくんだなあって

そうやって

勤続何年、何十年ってなっていくんだなあって

実感した」

と。

 

1日1日の積み重ね。

一つ一つの些細な積み重ね。

初心忘るべからず、ですね。

身が引き締まりました。

 

こちらは昨年末にもご案内した

「花とミツバチの物語」が

まもなく完成です。

最後のひとがんばりです。

 

皆様、もうすぐGWですよ、

あとひとがんばりして

楽しい休日をお過ごし下さい。

 

********************************** ******
お問い合わせは…(株)農文協プロダクション
〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-17 ラグジュアリーヒルズ7517
TEL:03-3584-0416  FAX:03-3584-0485
E-mail:jihi@sinseisaku.co.jp
URL:http://www.nbkpro.jp/
担当:高野・池上
********************************** ******

 

 

やっと暖かくなってきましたね。

弊社の近所のビル脇に

ハクモクレンが咲き始めました。

いよいよ本格的に春です。

 

さて、年度末に向けての繁忙期で

だいぶ更新が滞っておりましたが

実はすでに

新刊が出ておりました。

 

 

「戦中・戦後の激動期を

信州の青年達とともに駆け抜けた一今日し。

今だからこそ問いなおしたい

千時間の教育と戦後民主化運動。

『いつか来た道』を再び歩もうとしている

この九人の現状を憂うすべての人に」

 

この本は、サブタイトルにある

「島田武雄」さんのご子息が

ありし日のお父様を追想して書かれたものです。

 

世の中に翻弄されながらも

自らの想い一つで

人生を駆け抜けた

一教師のお話です。

 

社会の授業などでは

決して習わないであろう

戦中・戦後の人々の姿を

世の中の様子を

つぶさに描いておられます。

 

長野という一地域ではありますが

そこから見た時代

そこからみた日本…

心に迫るものがあります。

 

ぜひご一読いただきたいと思います。

お近くの書店にお問合せください。

 

農文協の「田舎の本屋さん」

「農業書センター」でも

お求めいただけます。

 

卒業式も終わり

そろそろ入学式。

新しく社会人になる方や

新しい土地に転居なさる方

新しい部署に配属される方…

皆様に

素敵な新生活が訪れますように…

 

新年度は

気持ち新たに

がんばっていきましょう。

 

 

年末よりドタバタとしており

気づいたら新年のご挨拶もせず

なんとまあ皆様に失礼をいたしまして

申し訳ありません。

 

年度末に向けてはこの業界も

他の業界と何ら変わらず

慌ただしいもので…

 

そこで何をしていたかというと…

上記の

「田舎暮らし自分流」新城宏 著

の制作でした。

 

写真で見ると大判ですが、

実際は新書版です。

 

第二の人生を湯河原で過ごされている

新城様の日常と

田舎暮らしのすばらしさ

田舎暮らしのためのノウハウを

堪能できる1冊となりました。

 

田舎暮らしに興味のある方は

ぜひ一度お手にとってご覧下さい。

 
********************************** ******
お問い合わせは…(株)農文協プロダクション
〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-17 ラグジュアリーヒルズ7517
TEL:03-3584-0416  FAX:03-3584-0485
E-mail:jihi@sinseisaku.co.jp
URL:http://www.nbkpro.jp/
担当:高野・池上
********************************** ******